人気ブログランキング |

カテゴリ:レシピ( 68 )

和っぽいおやつ

毎年、何年も作っているものなのに、今年は酢を入れ忘れた。
しかも一口目を飲むまで気づかなかった(@ー@)
それくらい心亡くしていた、忙しかった、ということかも。

酸味のたりない梅シロップではちょっと元気になれない。
ということで少し硬めのゼリーにして完熟のプラムを一緒に。
ブラム果汁がいい仕事しました。
f0222387_22154819.jpg

イメージは琥珀糖。
これはゼリーだけど、寒天で作ればもっと和っぽくなったかな。
日本のお菓子って名前にも品と夢があるなーって思う。

最近、和菓子を本気で習ってみたいと思っている。


____________________________________________


by ama7869 | 2018-07-04 07:10 | レシピ | Comments(0)

イギリス人も喜んでくれたスコーン

むかーしむかーし、気がつけばもう20年以上前・・・
イギリス、それも庭ばかりをめぐりアフタヌーンティー三昧するというツアーに参加した。
参加したと言っても、フラワースクールのアシスタントとしてだったんだけど、それなりに満喫。

イギリスには個人の庭を開放して見せてくれて、スコーンや紅茶を振舞ってくれるところがたくさんあるんだけど、
そこで「本当のイギリスのスコーンには生クリームも卵も入っていない」とエイミーさんに教えてもらった。
モソモソすると言ったら、だからいいんだと。そのモソモソは紅茶をたっぷり飲むためのものだからと。

そーか。afternoon tea・・・主役は紅茶か。

f0222387_21194289.jpg

その後、なんとエイミーさんは日本を訪ねてくれた。
半歩譲って、”生クリーム無し・卵入り”を作って食べてもらったら、美味い美味いと4つも食べた!

当時60歳くらいだったはずだけど、日本人に会って日本の庭に興味がわいたからってさっくり訪日。
パワフルで可愛い人だった。土いじりって本当に元気になるんだなって思った。

どうしてるかなー・・・もう80歳超えか・・・。元気でいてくれますように。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





by ama7869 | 2018-07-02 07:19 | レシピ | Comments(0)

おからコロッケ

人生フルーツを見てからますますシンプルな料理が好きになって
余計なことをせず、慣れたものをいかに美味しく作れるかの方が楽しみになっている。

生姜のみじん切り、昆布の細切り、ひじき、人参の細切りをごま油でジャーっと炒めてから
酒・醤油・鰹だしで煮含める我が家の定番煮物。

汁を多めにし、たくさん作って翌日はおからの炒ったのを足して水分がなくなるまで煮含める。

最後はこうしてコロッケになったりする。

料理って毎日の連続で、続けられる緩さが必要で、飽きないように、でも奇をてらわず・・・
生きることそのものだなと思う。

f0222387_20152818.jpg
f0222387_20152813.jpg

by ama7869 | 2017-07-06 07:08 | レシピ | Comments(2)

オリーブ出汁

オリーブはそのまま食べるのももちろん大好きなんだけど、
煮たり焼いたりに入れると「出汁」的効果があると思っている。

玉ねぎスライスと鶏肉を炒めたところにオリーブを入れて黒酢をジャッと回し入れる。
これだけ。ご飯にもお酒にも合う。

f0222387_20052967.jpg

by ama7869 | 2017-07-05 07:02 | レシピ | Comments(0)

アボカドの役割

最近、以前にも増して料理がシンプルになってきている気がする。

蒸したしじゃが芋にケイパーとアボカド、亜麻仁油と胡椒だけ。
アボカドはいい感じにマヨネーズ的役割もしてくれてしっとりまとまる。

塩気はケイパーで十分。ブラックオリーブや粒マスタードを入れることもあるけど基本はこれ。
f0222387_16543131.jpg


ここに住んでみて、足し算だらけの料理やファッションに辟易しているのかもしれない。

「ストイック」とか「こだわり」ってとてもいいことのように使われることが多いけど、
ただの執着でしかない。そしてそれは=弱さ。
シンプルでいることやこだわりを持たないことは強くなければ出来ないこと。

昔、東山紀之が「その人自身がカッコよければ100円のTシャツでもカッコイイ。」って言ってたな・・・
ま、東山紀之が100円のTシャツは着てないと思うけど、
中身が無ければ無いほどブランド物とかで武装しないでいられないのかもしれない。


__________________________________________________
by ama7869 | 2016-09-21 06:54 | レシピ | Comments(0)

フレッシュ無花果のファーブルトン

ファーブルトンは、ブルターニュ地方の呼び方でプルーン入り、
クラフティは、リムーザン地方で種ごとのサクランボ入り、というのが本当らしい。

けど、この時期フレッシュのイチジクを見かけたら作らずにいられない。

f0222387_1159446.jpg

少し水っぽいくらいが冷えた時ムチムチして美味しいような気がする。
無花果もジャムみたいになって甘みが濃縮されて美味しい。


___________________________________________________
by ama7869 | 2016-09-07 05:59 | レシピ | Comments(0)

ひき昆布とひじきの煮物

年のせいか、なんだかこういうおかずばっかり作ってる気がする。
こういう地味なのは不思議と飽きないんだよね。

f0222387_2032532.jpg
レシピはコチラ→


実家ではよく大鍋に作ってあった。
油揚げや鶏肉が入っていたことも多かった。

他にも色々おかずがある時はシンプルに。他に作りたくない時は肉入りに。が、私流(^。^)


__________________________________________________
by ama7869 | 2015-12-01 06:23 | レシピ | Comments(2)

Sauerkraut(ザワークラウト)

キャベツを買った直後にキャベツを貰って、生じゃ食べきれない気がしたので、
久々にザワークラウトにしてみた。

キャベツ自体に豊富に含まれるビタミンCが加熱しないから壊れず、
さらに、乳酸発酵によってビタミンCが生成されるんだって。

単純に美味しいから好きなんだけど、これはかなりイイ食べ物みたい(^^)

f0222387_14115942.jpg
レシピはコチラ→

ちなみに、ザワークラウトはドイツ語で、英語ならサワークラフト、仏語でシュークルート。

作り方を検索するとわりと最初に出て来るものに、保存期間2週間って載っているので、
それを見て作った人が多いからか、2週間って書いてあるのが多いんだけど、
1週間ほどで出来上がったら、冷蔵庫で2週間熟成。保存期間は半年。
けっこう保ちます。だって「漬け物」だからね(^m^)

今日冷蔵庫に移したので、クリスマスくらいには美味しくなるかな。楽しみ楽しみ♪


_________________________________________________
by ama7869 | 2015-11-30 06:11 | レシピ | Comments(0)

塩ゆず

義父の山の柚子、今年は数は少ないけれど一個一個がとても立派に出来たそう♪

f0222387_20162823.jpg
レシピはコチラ→

毎年、柚子ポン、柚子茶、柚子酒、ピール、マーマレードなど色々作っていましたが、
主人が柚子ポン以外食べないので一人で消費することになり、その結果、肥え…(ー_ー;)
なので今年は初めて『塩ゆず』なるものにしてみました。

塩レモンっていうのが流行ったのは何年前だったか・・・
なかなか無農薬のレモンに出会えず、作らず仕舞いだったけど、
つい最近になって、柑橘類なら何でもいいらしいよと聞いたので、早速。

安心して食べられるものがあるって本当に有り難いことだなーとつくづく思います。


____________________________________________________
by ama7869 | 2015-11-29 07:07 | レシピ | Comments(0)

今じゃないだろって思いつつ、タルトタタン

やたらと創作意欲が沸く時。

私の場合、それは“ 他にやるべきことがある時 ”(ー▽ー)
しかしまーこの体質との付き合いもかなり長いので、このくらいは想定内。

f0222387_22413193.jpg

f0222387_22375731.jpgf0222387_22375288.jpgf0222387_22375568.jpg
レシピは、こちら


タルトタタンは、やっぱり紅玉で作るのが好き。
紅玉の時期は短い。だからやっぱり今しか無いのよ!


__________________________________________________
by ama7869 | 2015-10-25 22:44 | レシピ | Comments(2)

写真とつぶやき


by ama7869
プロフィールを見る
更新通知を受け取る