富山県美術館・オノマトペ


富山は新しい物と古いものの融合が本当に上手い。
そして、敷居の高さを感じさせず、誰でもwelcomeな雰囲気。

なんなんだろうなー、この感じ。他では感じたことがない。

f0222387_17144045.jpg
f0222387_17144545.jpg
f0222387_17145024.jpg
f0222387_17145478.jpg
f0222387_17150082.jpg
f0222387_17151190.jpg
f0222387_17151493.jpg
f0222387_17154709.jpg
f0222387_17151819.jpg
f0222387_17152487.jpg
f0222387_17152139.jpg


[PR]
# by ama7869 | 2017-09-30 17:24 | 富山 | Comments(0)

帰郷

離れていると、帰るたびに歳をとっていくのがわかりやすい。
親戚付き合いも希薄な今、もし親がいなくなったら年に何回帰るかな?

f0222387_12390924.jpg
f0222387_12390446.jpg
f0222387_12390785.jpg
「出来るだけ帰ってあげて。何があってもおかしくない歳だから。」と、
少しでも連休が取れるとマイルを叩いて飛ばしてくれ、猫の面倒を見てくれている主人。

本当に何があってもおかしくはない年齢になってしまったけど、
今のところ両親共いたって健康。

ただ、帰るたびに余計寂しくなり、でも猫と主人が心配で長居は出来ず・・・
故郷を離れて暮らすっって本当に大変なことだな、と思う今日は8回目の結婚記念日。

色々、諸々、感謝。ありがたい。



[PR]
# by ama7869 | 2017-08-17 12:52 | 仙台 | Comments(0)

たこ島

歩いても一周1時間弱の小さな島。正式名称は日間賀島。

観光地化していて「大自然」って感じとかは薄かったけど、
数字としては同じはずの気温でも、風が冷たくて気持ち良く、
名古屋市内から1時間ほどで行けてとても良かった。

無機質なものだらけで、行き場の無いものたちの腐敗臭だらけ中にいると、「気」が狂う。
「気」が違っちゃうんだろうな、と改めて思う。
鈍感になって正常で無くならないと生きられないような街。

時々、抜け出さないとね。
f0222387_14061241.jpg

f0222387_14061498.jpg

f0222387_14061735.jpg

f0222387_14062020.jpg

f0222387_14062350.jpg

f0222387_14062600.jpg

f0222387_14062906.jpg

f0222387_14063552.jpg

f0222387_14064078.jpgf0222387_14064310.jpg

f0222387_14064697.jpgf0222387_14064979.jpg

f0222387_14065296.jpgf0222387_14065681.jpg



***おまけ***
原付に乗った島の人を20人くらい見たと思うんだけど・・・
ヘルメットをしていた人は一人しかいなかった(^0^:)
そして、とめてあった原付は鍵が付いていた(@0@)。。。平和な島ですな。f0222387_14071881.jpg

[PR]
# by ama7869 | 2017-07-23 14:30 | Comments(2)

ズブーーーーッ

あんこ先生は、私がお風呂に入る時は基本的に毎日ついてくる。
湯船の湯を飲んでそのあとは私が上がるまでヘリでチンとしている。

この日はなぜか突然ズブーーーッと手を入れてきた!
しかも、こちらを見ないようにしながら!
そして味を確かめるように手を舐めていた・・・なんだったんだろ?

f0222387_20225954.jpg
f0222387_20230218.jpg

[PR]
# by ama7869 | 2017-07-07 07:07 | | Comments(6)

おからコロッケ

人生フルーツを見てからますますシンプルな料理が好きになって
余計なことをせず、慣れたものをいかに美味しく作れるかの方が楽しみになっている。

生姜のみじん切り、昆布の細切り、ひじき、人参の細切りをごま油でジャーっと炒めてから
酒・醤油・鰹だしで煮含める我が家の定番煮物。

汁を多めにし、たくさん作って翌日はおからの炒ったのを足して水分がなくなるまで煮含める。

最後はこうしてコロッケになったりする。

料理って毎日の連続で、続けられる緩さが必要で、飽きないように、でも奇をてらわず・・・
生きることそのものだなと思う。

f0222387_20152818.jpg
f0222387_20152813.jpg

[PR]
# by ama7869 | 2017-07-06 07:08 | レシピ | Comments(2)

オリーブ出汁

オリーブはそのまま食べるのももちろん大好きなんだけど、
煮たり焼いたりに入れると「出汁」的効果があると思っている。

玉ねぎスライスと鶏肉を炒めたところにオリーブを入れて黒酢をジャッと回し入れる。
これだけ。ご飯にもお酒にも合う。

f0222387_20052967.jpg

[PR]
# by ama7869 | 2017-07-05 07:02 | レシピ | Comments(0)

呼ばれる時

なんとなく行かなくちゃって思う時、それは神様に呼ばれている時と思う。

前日から雨の予報で、諦めようかとちょっとよぎったけど、
行きたいなーと思っていた。

見事に晴れてくれて「おいでなさい」って神様に言ってもらたようで嬉しかった。

知らずに行ったのだけど「夏越しの大祓」という、半期に一度のお祓いすべき日だった。
そういうことか・・・お祓いしに来いと呼ばれたのかもね(^m^)

f0222387_19572429.jpg

f0222387_19572218.jpgf0222387_19572049.jpg


[PR]
# by ama7869 | 2017-07-04 07:54 | 三重 | Comments(0)

幸せな悪夢

内容は覚えていないけどイヤーな感じの夢を見て目が覚めた。

足元に、というか足の上にあんこ先生(ー_ー;)
悪夢の原因か・・・
f0222387_19515322.jpg
f0222387_19515784.jpg
f0222387_19520858.jpg
新しい仕事とやりたいことがありすぎてブログまでたどり着けない日が増えちゃったけど
ゆるくゆる〜く続けるつもり。



[PR]
# by ama7869 | 2017-07-03 19:53 | | Comments(2)

猫たちのGW-その4、足袋子編

今回初めて家以外の場所で過ごすことになった足袋子。
病院も平気のへーなので大丈夫かと思っていたら、案外ビビり!
少し大人になった証拠なのかな?

実家についてどれくらい落ち着きなくウロウロしまくっただろうか・・・
しかし、やっぱり慣れるのは早く、じゃんじゃん探検して、
三日目くらいには我が母のベッドで寝たりもしていた(^w^)

f0222387_19341059.jpg

友達とお子が遊びに来てくれた時も愛想良し◉
遊び疲れて半目まで披露(≧▽≦)

f0222387_19340860.jpg
新幹線でも度胸良く、ほとんど静かにしていた。
足袋子はいたずらっ子だけど、
初めて猫と暮らす人とかなら、とても育てやすい子かもしれないなーと思ったりした。

足袋子、お疲れ様!




[PR]
# by ama7869 | 2017-06-06 07:32 | | Comments(2)

猫たちのGW-その3、あんこ先生編

初めて新幹線を使い、移動が短時間で済んだから体力が残っていたのか、
何度か行っているからか、足袋子に対抗意識を燃やしてかわからないけど、
着くなり私の母にスリスリっとして茶の間のテーブルの上にドーンと寝そべって、
すぐにリラックス体制になったあんこ先生。

甥っ子からのおさがり、龍のクッションと添い寝(^^)

f0222387_18420137.jpg

お風呂の蓋の上も気に入ったみたいで・・・
我が家もこのタイプの蓋を買おうかな?
f0222387_18410126.jpg
f0222387_18405831.jpg

しかし・・・移動の間はひっきりなしに鳴いていて・・・鼻真っ赤!
あんこ先生、お疲れ様でした!

f0222387_18521792.jpg
__________________________________________

[PR]
# by ama7869 | 2017-06-05 18:59 | | Comments(2)

写真とつぶやき


by ama7869
プロフィールを見る